2024年、米国PCEデフレータ発表日のドル円動きまとめ

ドル円戦略

一覧

詳細

1/26(金)
22:30 経済指標
米国PCE
個人所得:前回0.4%(改定)、予想0.3%、結果0.3%(○)
個人支出:前回0.2%(改定0.4)、予想0.5%、結果0.7%(◎)

米国PCEデフレータ(過去の発表日:1/272/243/314/285/266/307/288/319/2910/2711/3012/22, 1/26)
前年比:前回2.6%(改定)、予想2.6%、結果2.6%(○)
前月比:前回-0.1%(改定)、予想0.3%、結果0.2%(△)
コア前年比:前回3.2%(改定)、予想3.0%、結果2.9%(×)
コア前月比:前回0.1%(改定)、予想0.3%、結果0.3%(○)
FRB注目のPCEコア指数が鈍化、好調な消費にもかかわらず(Bloomberg

【考察】
発表前:乱高下から揉み合い。直前147.63
発表後:総じて強い数値。初動はコア前年比の弱い数値で日足安値147.42へ急落・乱高下するも、米国PCEも強い数値で上昇(下落幅=147.63-147.42=0.21)。
他材料で日足高値148.21を付け揉み合い上昇で引け。

2/29(木)
22:30 経済指標
米国PCE
個人所得:前回0.3%(改定)、予想0.4%、結果1.0%(◎)
個人支出:前回0.7%(改定)、予想0.3%、結果0.2%(△)

米国PCEデフレータ(過去の発表日:2/243/314/285/266/307/288/319/2910/2711/3012/221/26, 2/29)
前年比:前回2.6%(改定)、予想2.4%、結果2.4%(○)
前月比:前回0.2%(改定0.1)、予想0.4%、結果0.3%(△)
コア前年比:前回2.9%(改定)、予想2.8%、結果2.8%(○)
コア前月比:前回0.2%(改定0.1)、予想0.5%、結果0.4%(△)
FRBが重視のPCEコア価格指数、前月比での伸びが1年で最大(Bloomberg

【考察】
発表前:強い数値期待じり上げ。直前150.15
発表後:米国PCE・PCEデフレータ共に強弱混在。弱い数値の影響強く、かつ同刻発表の米国新規失業保険申請件数、米国失業保険継続申請件数(弱)で下落。
更に他材料を受けて日足安値149.21へ急落(下落幅=150.15-149.21=0.94)。
しかし、月末ロンフィクの掛けてのドル買い需要、FRB要人タカ派発言を受けて引けに掛けて全戻し上昇。

3/29(金)
21:30 経済指標
米国PCE
個人所得:前回1.0%(改定)、予想0.4%、結果0.3%(△)
個人支出:前回0.2%(改定)、予想0.5%、結果0.8%(◎)

米国PCEデフレータ(過去の発表日:3/314/285/266/307/288/319/2910/2711/3012/221/262/29, 3/29)
前年比:前回2.4%(改定)、予想2.5%、結果2.5%(○)
前月比:前回0.3%(改定)、予想0.4%、結果0.3%(△)
コア前年比:前回2.8%(改定)、予想2.8%、結果2.8%(○)
コア前月比:前回0.4%(改定)、予想0.3%、結果0.3%(○)
米PCE統計「強弱混在」、慎重なFOMCを変えず-市場関係者の見方(Bloomberg

【考察】
発表前:乱高下から揉み合い。直前151.36
発表後:総じて強い数値。しかし、警戒されていた強い上振れがなかった安心感のためか日足安値151.18へ下落。
(下落幅=151.36-151.18=0.18)。
その後、欧米イースター休暇前のグッドフライデー閑散相場の中、米国パウエルFRB議長タカ派発言への反応が大きく表れ、引けに掛けて全戻し上昇。

4/26(金)
21:30 経済指標
米国PCE
個人所得:前回0.3%(改定)、予想0.6%、結果0.5%(△)
個人支出:前回0.8%(改定)、予想0.6%、結果0.8%(○)

米国PCEデフレータ(過去の発表日:4/285/266/307/288/319/2910/2711/3012/221/262/293/29, 4/26)
前年比:前回2.5%(改定)、予想2.6%、結果2.7%(◎)
前月比:前回0.3%(改定)、予想0.4%、結果0.3%(△)
コア前年比:前回2.8%(改定)、予想2.7%、結果2.8%(○)
コア前月比:前回0.3%(改定)、予想0.4%、結果0.3%(△)

【考察】
発表前:植田日銀総裁円安容認発言の影響で上昇継続。直前156.93
発表後:米国PCE・PCEデフレータ共に強弱混在。初動156.63へ下振れから揉み合い。その後、植田日銀総裁発言の影響継続、米国ミシガン大学インフレ予測(強)を受けて引けに掛けて上昇継続。

5/31(金)
21:30 経済指標
米国PCE
個人所得:前回0.5%(改定)、予想0.4%、結果0.3%(×)
個人支出:前回0.8%(改定0.7)、予想0.3%、結果0.2%(×)

米国PCEデフレータ(過去の発表日:5/266/307/288/319/2910/2711/3012/221/262/293/294/26, 5/31)
前年比:前回2.7%(改定)、予想2.7%、結果2.7%(○)
前月比:前回0.3%(改定)、予想0.4%、結果0.3%(△)
コア前年比:前回2.8%(改定)、予想2.8%、結果2.8%(○)
コア前月比:前回0.3%(改定)、予想0.3%、結果0.2%(×)
米PCEコア価格指数、4月は伸び鈍化-実質支出は予想外の減少(Bloomberg

【考察】
発表前:リスクオン欧州株上昇、日銀6月度国債買入予定据え置きに連れてドル円上昇から、発表前にロング勢決済入り下落。直前157.13。
発表後:米国PCE(弱)、米国PCEデフレータ強弱混在。米国PCEデフレータの中でも注目度の高いコア前月比(×)が材料視され初動156.75(4H足ダウ高値156.84付近)へ急落から、他材料も受けて日足安値156.56へ下落(下落幅=157.13-156.56=0.57)。
しかし、月末ロンフィクに掛けて全戻し上昇。引けに掛けて揉み合い上昇。

6/28(金)
21:30 経済指標
米国PCE
個人所得:前回0.3%(改定)、予想0.4%、結果0.5%(◎)
個人支出:前回0.2%(改定0.1)、予想0.3%、結果0.2%(△)

米国PCEデフレータ(過去の発表日:6/307/288/319/2910/2711/3012/221/262/293/294/26, 5/31, 6/28)
総合指数より基調的なインフレを反映するコア指数がより注目されます。
強い数値なら、「インフレへの警戒感→FF金利上昇する可能性→ドル買い材料」

【6/12米国FOMC公表2024年見通し:コアPCE2.6%】
前年比(FRB目標2.0%):前回2.7%(改定)、予想2.6%、結果2.6%(○)
前月比:前回0.3%(改定)、予想0.0%、結果0.0%(○)
コア前年比:前回2.8%(改定)、予想2.6%、結果2.6%(○)
コア前月比:前回0.2%(改定0.3)、予想0.1%、結果0.1%(○)
米PCEコア価格指数、5月は伸び減速-年内利下げの論拠補強(Bloomberg

【考察】
発表前:休場中6/30仏下院選挙第1回投票を警戒したと推測されるリスクオフ欧州株下落や、6/12米国消費者物価指数(弱)・6/13米国生産者物価指数(弱)を受けたPCEデフレータ鈍化織り込みのためかドル円下落。直前160.60。
発表後:米国PCE(強弱)。米国PCEデフレータ(強)、但し予想と一致だが前回より低下。初動は米国PCEデフレータが前回より低下を受けて日足安値160.38(4H足押し安値160.34付近)へ下落(下落幅=160.60-160.38=0.22)。但し、FRB目標2.0%超えには変わりなし。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました