2024年、米国ISM非製造業景気指数発表日のドル円動きまとめ

ドル円戦略

一覧

詳細

1/5(金)
24:00 経済指標
米国ISM非製造業景気指数(ISM Report On Business
(過去の発表日; 1/62/33/34/55/36/57/68/39/610/411/312/5, 1/5)
景気の先行指標として注目度大。
基準50、前回52.7(改定)、予想52.5、結果50.6(×)

・仕入価格:前回58.3、予想57.3、結果57.4(○)
・新規受注:前回55.5、予想56.1、結果52.8(×)
・雇用:前回50.7、予想51.0、結果43.3(×)

【考察】
発表前:米国雇用統計(強)で日足高値145.98へ上昇するも、切番146.00抜けられず全戻し下で1H足チャネル下限付近。直前145.09。
発表後:総じて弱い数値。急落で日足安値143.81付け(下落幅=145.09-143.83=1.26)。
しかし、切番144.00や日足戻り高値の転換サポート143.83付近から強い押し目買い入り144.90へ急反発(約85%戻し)から揉み合い。

2/5(月)
24:00 経済指標
米国ISM非製造業景気指数(ISM Report On Business
(過去の発表日; 2/33/34/55/36/57/68/39/610/411/312/51/5, 2/5)
景気の先行指標として注目度大。
基準50、前回50.6(改定)、予想52.0、結果53.4(◎)

・仕入価格:前回57.4、予想56.5、結果64.0(◎)
・新規受注:前回52.8、予想54.8、結果55.0(◎)
・雇用:前回43.3(改定43.8)、予想49.4、結果50.5(◎)

【考察】
発表前:材料交錯の乱高下。直前148.39
発表後:強い数値。日足高値148.90(日足戻り高値ヒゲ先148.81付近)へ急上昇するも、切番149.00乗せ失敗すると148.49へ急落(約76%戻し)から揉み合い。
1月度と同じく一気に日足抵抗到達しても突破できず。

3/5(火)
24:00 経済指標
米国ISM非製造業景気指数(ISM Report On Business
(過去の発表日; 3/34/55/36/57/68/39/610/411/312/51/52/5, 3/5)
景気の先行指標として注目度大。
基準50、前回53.4(改定)、予想53.0、結果52.6(×)

・仕入価格:前回64.0、予想62.0、結果58.6(×)
・新規受注:前回55.0、予想54.4、結果56.1(◎)
・雇用:前回50.5、予想51.4、結果48.0(×)

【考察】
発表前:リスクオフ欧州株下落に連れてドル円下落から米PMI確報値(強)で上昇。直前150.13
発表後:総じて弱い数値。かつ同刻発表指標も弱く急落し、日足安値149.71付け(下落幅=150.13-149.71=0.42)。
しかし、日足レンジ安値149.93や4H足押し安値149.77からの押し目買いにより全戻し上昇。その後、該押し目買い勢撤退したことで、改めて指標(弱)により再下落。
1月・2月度と同じく一気に日足抵抗到達しても突破できず。

4/3(水)
23:00 経済指標
米国ISM非製造業景気指数(ISM Report On Business
(過去の発表日; 4/55/36/57/68/39/610/411/312/51/52/53/5, 4/3)
景気の先行指標として注目度大。
基準50、前回52.6(改定)、予想52.8、結果51.4(×)、2か月連続低下

・仕入価格:前回58.6、予想58.4、結果53.4(×)、4年ぶり低水準
・新規受注:前回56.1、予想55.5、結果54.4(×)
・雇用:前回48.0、予想49.0、結果48.5(△)

【考察】
発表前:リスクオン欧州株上昇、米国ADP雇用者数・米国PMI確報値(強)、FRB要人タカ派発言を受けて、日足高値151.95へ到達。直前151.92
発表後:総じて弱い数値。初動日足レンジ高値151.65へ急落するも、151.86へほぼ全戻し。日足抵抗から押し目買い続くも、指標(弱)の影響が強く揉み合いながら151.58へ再下落(下落幅=151.92-151.58=0.34)。その後、1H足押し安値151.60付近で揉み合い。
ここでも、1~3月度と同じく一気に日足抵抗到達しても突破できずに、一旦戻しが入った後に再び指標(弱)が反映される流れ。

5/3(金)
23:00 経済指標
米国ISM非製造業景気指数(ISM Report On Business
(過去の発表日; 5/36/57/68/39/610/411/312/51/52/53/54/3, 5/3)
景気の先行指標として注目度大。
基準50、前回51.4(改定)、予想51.9、結果49.4(×)

・仕入価格:前回53.4、予想55.0、結果59.2(◎)、2024年1月以来の高値更新
・新規受注:前回54.4、予想54.5、結果52.2(×)
・雇用:前回48.5、予想49.0、結果45.9(×)

【考察】
発表前:米国雇用統計(弱)で日足安値151.86を付けると、切番152.00や日足レンジ高値151.86からの押し目買い、米国PMI確報値(強)とFRB要人タカ派発言で上昇。直前152.52
発表後:総じて弱い数値。初動152.17へ下押しするも、仕入価格サプライズ(強)のインフレ懸念から全戻しから153.08へ上昇し揉み合い。
1~4月度と異なり日足抵抗に届かず戻し発生。日足抵抗の戻しが強い為か上昇勢い収束しても、指標(弱)による再下落なし。

6/5(水)
23:00 経済指標
米国ISM非製造業景気指数(ISM Report On Business
(過去の発表日; 6/57/68/39/610/411/312/51/52/53/54/35/3, 6/5)
景気の先行指標として注目度大。
基準50、前回49.4(改定)、予想51.1、結果53.8(◎)

・仕入価格:前回59.2、予想59.0、結果58.1(×)
・新規受注:前回52.2、予想53.2、結果54.1(◎)
・雇用:前回45.9、予想47.2、結果47.1(△)
米ISM指数、活発なサービス業況示す-9カ月ぶり水準に上昇(Bloomberg

【考察】
発表前:米国ADP雇用者(弱)とカナダ中銀政策金利引き下げ・追加利下げ示唆波及でドル円下落。直前155.75。
発表後:強弱混在。初動は景気指数・新規受注(強)が材料視されて急騰し、日足高値156.48付け。
しかし、仕入価格・雇用(弱)も材料視され、日足三尊右肩&4H足戻り高値156.39から戻り売り入り156.07へ約50%戻し下落から揉み合い。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました